トップページ > 移住におすすめの京都市南区!メリットとデメリットをご紹介!

スタッフコラム

2022.06.27

移住におすすめの京都市南区!メリットとデメリットをご紹介!

今回ご紹介させていただくのは京都府にある京都市南区。
歴史と自然環境が揃う京都市南区はどのような街なのか。また住まいとしてどのようなメリットやデメリットがあるのか、
それぞれご紹介していきたいと思います。

 

京都市南区の特徴

京都市南区は京都市の南部に位置している街で、鴨川・桂川・西高瀬川の3つの川に面しており、豊かな自然を感じられる街です。
この3つの川が街にあることにより近代農耕が盛んであるとともに、京野菜の生産地として京都の台所を支えています。

自然や農業だけでなく歴史もとても長い街です。平安京の時代から世界文化遺産に登録された五重の塔で有名な東寺もあり、
まさに街全体が日本史の一部のような街です。

 

京都市南区のメリット

京都市南区の最大のメリットは、日本の歴史を五感で楽しめることです。この街でそれは特別なことではなく、日常的に古きよき街を目で見て、香りを感じ、文化を体験することができます。

さらに京野菜の産地のため、新鮮な京野菜が手に入りやすく、おいしい野菜が食卓を彩るのもメリットの一つです。

また、京都市内なのでJR・地下鉄・私鉄・市バスなど公共交通機関が充実しているのも魅力です。車を所有していなくても、移動手段に困ることはないでしょう。お出かけにも通勤・通学にも便利な街です。

 

京都市南区のデメリット

たくさんのメリットがある京都市南区ですが、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

1つ目は有名な観光地であるため、イベントが催される時期にはたくさんの観光客で賑わうことです。そのため、特に交通の面においては人の流れの増加により影響を受けることがあります。

また、京都は山地に囲まれた盆地になっています。京都の盆地の特徴といえば、夏は湿度が上がり暑く、冬は冷えるため、寒暖差が大きくなりやすい土地ということです。盆地のため夏は“暑い”ですが、有名なかき氷店や鴨川をはじめとした3つの河川があり、涼しく感じるレジャースポットも存在するので、暑さをしのぎながら夏を満喫することができます。

 

まとめ

日本の歴史、風情ある風景、自然が溢れた京都市南区。歴史と自然がある魅力たっぷりの街で素敵な住居を探してみませんか。
京都市南区へのご移住をご検討中の方や不動産をお探しの方は、ぜひ敷島住宅までお気軽にご相談ください。

ページの先頭へ

Copyright (C) 京都不動産ナビ, All Rights Reserved.